婚約指輪について意味を知りたい

婚約指輪について意味を知りたい

どうして、プロポーズする際に婚約指輪を贈るのでしょうか。
そんな疑問を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。
婚約指輪を贈ると言うことは、他のアクセサリーや指輪類を贈る事とは全く意味が違います。
この指輪を贈って良い女性は、結婚したいと思う女性だけ。
つまり、結婚を約束できる人だけが贈れるものであり、受け取れるものであるのです。
ですから、婚約指輪を買わないで結婚するよりも、どのようなものでも良いですから一つのけじめとして婚約指輪を用意する方が良いと言えます。
日本でこの指輪を贈るようになったのは、明治時代に入ってからと言われています。
また古代ローマにて鉄で出来た「輪」を贈るようになったのが、現在の主観のルーツとされています。
左手の薬指にはめるのは、この指が心臓へと続いていて、愛の力が出ているからだと言われています。
ですから、指のサイズが変わった時は、はめる指を変えるのではなく指輪のサイズを変えているのです。
このように、はめる指まで指定されている特別な指輪なのです。